炊飯器の早炊きの違いは時間だけじゃない!ムラなくふっくらしたご飯を炊くコツとは。

暮らし

お米を早炊きで炊くと、お米の芯が残っていたり炊きあがりにムラがあったりと少々困ったことが起きる場合もありますよね。

でもね、我が家では「意図せず」早炊きモードを利用していたことがある意味功を奏し、早炊きのご飯炊きあがりに特に不満を感じたことがありません。

そこで今回は、“意図せず早炊きモードを使っていたのが、実はとっても理に叶っていたよ”っていうお話です。

  • 炊飯器の早炊きと通常の炊飯の違いってなに?
  • 炊飯器の早炊きでうまくご飯を炊くコツが知りたい!
  • 炊飯器の早炊きって電気代の節約になるんだよね・・?
あっこ
あっこ

ひとつでも「おっ?!」っと思うものがあった方は、ぜひこのまま読み進めてくださいね♪

スポンサーリンク

炊飯器の早炊きの違い

通常の炊飯モードでは、

  1. 吸水(約20分)
  2. 炊き(約20分)
  3. 蒸らし(5~10分)

この3つの工程別に約50分間かけてご飯を炊き上げます。

一方早炊きは、通常の炊飯モードの約半分の時間でご飯を炊き上げます。

イメージとしては、「炊き20分!以上!」という感じで、吸水と蒸らしは無しかあってもごくわずかなのが一般的です。

早炊きでご飯を炊くと味は大きく変わることはありませんが、ちょっと固いかな?と感じることがあるのは吸水時間の多少が大きく関係しているから。

お米は水に浸しておく吸水時間が長いほうが、お米のうま味や弾力が出やすいそうですよ。

ただ、「ご飯が早く炊けないと夕飯に間に合わない!早く炊けなければ困る!」という場合には、十分許容範囲内の炊きあがりかなと思います。

あっこ
あっこ

あまりに芯が残っていたり固い部分と柔らかい部分でムラがある場合には、早炊きモードでもちゃんとおいしいご飯が炊ける方法がありますよ~♪

スポンサーリンク

炊飯器の早炊きでおいしいご飯を炊く方法

前述のとおり、早炊きモードはおいしくなるために時間を掛ける工程を取っ払って、とにかく早くご飯を炊く機能です。

早炊きでご飯に芯が残っていたり炊きあがりにムラがあるようなら、【予熱(吸水)→炊飯→蒸らし】のどこかの工程がうまくいっていないということ。

そこで早炊きでも簡単においしくご飯を炊くコツは、洗米後10~30分程度お米に吸水させる方法です。

これが一番簡単で一番早炊きのデメリットをうまくごまかせる方法かと思います。

我が家では炊飯器の早炊き機能を使用するときは、うっかり炊飯器のスイッチの押忘れたときがほとんど。

「今からご飯を炊くにはちょっと早いかな~」という場合に洗米後15分くらい置くつもりが、すっかり忘れて気づいたときには1時間以上経っていた・・!みたいなときに慌てて早炊きモードで炊飯します。

1時間以上お米がしっかり吸水してくれているもんだから、早炊きでもいつも通りムラなくふっくらしたご飯が炊きあがっていますよ。

うちの場合は「意図せず」ではありますが、早炊きモードを使用する場合にはある程度の吸水時間を設けることでムラなく炊くことができるのは実証済みです♪

スポンサーリンク

炊飯器の早炊きは電気代がかかる

炊飯器の早炊き機能を使うとご飯の炊き上がりにムラが出るだけではなく、もうひとつちょっとした問題点があります。

それは、通常の炊飯モードに比べて早炊きは電気代が多くかかること。

「早炊きは通常モードの炊飯に比べて短い時間でご飯が炊ける分、電気代を抑えられるよねっ♪」とあえて毎回早炊きモードでご飯を炊いている奥さま。

その気持ちはめっちゃ分かります。

でもね、早炊きは読んで字のごとく、とにかく早く炊き上げなければいけないから、ぐわっっと一気に電力を消費しちゃうんです・・!

早炊きだと通常の炊飯の約1.3倍の消費電力になると言われているので、電気代に換算すると通常の炊飯プラス1円程度の電気代が上乗せされます。

我が家の場合、炊飯にかかる電気代はおおよそ3.66円なので、早炊きすると4.66円の電気代がかかる計算に。

一般的に保温(約12時間以上)よりも炊飯のほうが電気代が抑えられると言われていますが、早炊きの場合は話は別と考えて。

「早炊きしたのちに保温も長時間するよ!」なんてお宅は、どの方法が一番電気代の節約になるのか少し慎重になったほうがよいかもしれません。

スポンサーリンク

さいごに

通常の炊飯モードの半分の時間でご飯が炊けてしまう早炊きモードは、時間がない中でとにかくご飯を炊かなければならない使命に駆られている全人類の救世主とも言えます。

洗米後ノンストップで早炊きモードでご飯を炊いても十分食べられるご飯を炊くことはできますが、10分でも吸水させる猶予があるならぜひ浸しの時間を確保してみてください。

少しでも吸水時間を設けることで、いつもの早炊きよりはずっとおいしいご飯を炊くことができますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました