スタバのストロー廃止はかなり有意義なことだった。マックやすかいらーくも追随。

暮らし

2018年7月、アメリカのコーヒーチェーンのスターバックスは、2020年までに全世界のプラスチック製ストローの廃止するとの発表がありましたね。

世界中に3万店舗近くあるスターバックスでは、毎年10億本ものストローが使用されていることが推定されているので、プラスチック製ストロー廃止の取り組みには一定の評価ができます。

一方で、なんとなく取り組みの甘さや一種のパフォーマンスにも思えてしまうスタバのストロー廃止の決定・・

そこで今回はスタバがストローを廃止する理由や他の飲食店のストローに対する動きなど、ストロー問題についてマルっとまとめてみました。

スポンサーリンク

スタバがストロー廃止するのはなぜ?

スタバがストローを廃止すると発表したとき、「なぜストローだけ?」と思ったのは私だけではないはず。

フラペチーノに使われている容器はストローの何倍ものプラスチックが使用されているのに、そっちはいいの?!と思いませんでしたか?

スタバがストローを廃止するのには2つの大きな理由があると推測されます。

①他のプラスチック製品よりも廃止しやすいから

小さな子供やなんらかの障害がある方を除けば、ストローって無くてもなんとかなりますよね。

ここがミソで、スタバがストローを廃止する理由は容器などの他のプラスチック素材よりも廃止しやすいからだと思っています。

ストローを廃止したところでプラスチックごみによる環境汚染が解決するわけではありませんが、できることから始めるまさに取っ掛かりとして、無くてもいけるストローから廃止したのが理由の1つに挙げられます。

②ストローはリサイクルが難しいから

「プラスチックのカップと一緒にストローもリサイクルすれば、海に流れ着くプラスチックごみを減らすことができるのでは?」

と思うかもしれませんが、ストローはリサイクルされにくい現状があります。

ストローの長細い形状によって、

  • ゴミ袋に穴があいてそこからストローが落ちてしまう
  • コンテナの隙間から落ちやすい

など、仮にリサイクル用にストローを集めても取りこぼし分が多く、結局行きつく先は海洋プラスチックというのが現状なのだそう。

実際にBuilding-A-Clean-Swellの2018年のレポートによると、海洋ゴミとして拾ったプラスチックごみのトップ10の中にストローがランクインしているんですよ・・!

・・これ、結構衝撃的じゃないですか?

「ストローを廃止したところでプラスチックごみによる環境汚染の解決にはならない!!」・・とはとても言い切れないですよね。

つまりストローは形状的にリサイクルが難しいこともあり、結果的にストローを廃止するのが一番理に叶っているということが分かります。

また、自称リサイクル大国の日本の現状はかなりひどいんです。

日本でも食品トレーやペットボトルなどリサイクルがなされていますが、アメリカやヨーロッパのリサイクルとは少し様子が異なります。

日本は焼却大国なので、なんでもかんでも燃やしてしまいます。

これはプラスチックも例外ではありません。

にもかかわらずリサイクル大国と自称するのは、プラスチックを含むゴミを燃やしたときの熱や蒸気をエネルギーに変換する【サーマルリサイクル】という日本独自の考え方に基づいているから。

あっこ
あっこ

発電や温水プールの暖房として、サーマルリサイクルが活用されています。

一般社団法人プラスチック循環利用協会のプラスチックリサイクルの基礎知識によると、日本における2017年の廃プラスチックの有効利用率は86%となっていますが、実際にはサーマルリサイクル量が多くを占めています。

・・なんか、私たちが思っているリサイクルとは違いませんか?

海外でいうリサイクルとは【マテリアルリサイクル】と言って、廃プラを原料に他の製品に再利用することを指します。

リサイクルの定義を世界基準にすると、日本のプラスチックのリサイクル率はたったの約20%程度にすぎません。

これで自称リサイクル大国を謳っているんですから、海外の人たちにしてみれば失笑ものですよね。

またサーマルリサイクルは確かに焼却するときのエネルギーを有効活用できますが、デメリットとして二酸化炭素を排出するだとか埋立地問題など新たな問題も浮上します。

環境省によると、あと20年もすれば日本全国のごみの埋立地は満杯になるのだそう。

日本で処理しきれない焼却ゴミは東南アジアなどに輸出していましたが、中国では2018年に日本からのごみの輸入が禁止されました。

そう、これが自称リサイクル大国の現状なのです。

それでいて国民一人当たりの廃プラ排出量が世界第2位という、ゴミだけはいっちょまえに出す日本国民。

なので、ストロー廃止だとか2020年からスーパーなど小売店のレジ袋が有料化されるだとか、一見すると「意味ないやろ」と思われることでも、こと日本においては小さなことからコツコツ取り組むことが案外大きな実を結ぶのかもしれません。

スポンサーリンク

ストロー廃止を決めた企業はスタバだけじゃない

マクドナルドのストロー廃止

マクドナルドでは2018年9月より英国とアイルランドの計1,300店舗で随時プラスチックストローから紙ストローに切り替えています。

マクドナルド全体としては2025年までに全世界の全店舗でプラスチックストローだけでなく、ハンバーガーを包む包装紙や箱などすべてのパッケージをリサイクル可能な資源に切り替えるそうです。

すかいらーくのストロー廃止

すかいらーくグループでは2018年12月より順次プラスチック製ストローを廃止し、2019年7月末までに全店舗でのプラスチック製ストローの廃止が完了しています。

顧客からの要望があれば、とうもろこしが原料のバイオマスストローをもらうことができるので、小さな子供や身体に障害がある人にとっては安心ですね。

大戸屋のストロー廃止

大戸屋では2019年3月末に、国内全350店舗でのプラスチック製ストローを廃止しています。

大戸屋もすかいらーくグループ同様、必要があればバイオマスストローを提供してもらえます。

デニーズもストロー廃止

デニーズでは2019年2月12日より、ドリンクバーでのプラスチック製ストローの提供が廃止されています。

なお、デザートドリンクなどストローが必要なメニューの場合には、普通に提供されるとのことです。

スポンサーリンク

さいごに

スタバをはじめとするストロー廃止の動きについては一種のパフォーマンスかと思いきや、ストローだからこそ取り組む意義があることが分かりましたね。

海洋プラスチックごみの第7位にストローが食い込むあたり、ストローを廃止することはとても意味のあることだと感じます。

マクドナルドのようにプラスチック製ストローの廃止を取っ掛かりにして、飲み物の容器や商品のパッケージなども随時脱プラスチックがなされるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました