マスクの裏表の見分け方が衝撃的だった!正しい付け方もあわせて確認。

暮らし

マスクの裏表の見分け方をご存知でしょうか。

「マスクのひもの付け根の方が内側でしょ?」と思っている方は、ぜひこのまま読み進めてください。

インフルエンザ対策や新型コロナウイルス対策のために、せっかくマスクで自衛しているんですから、効果が正しく発揮されるマスクの付け方もサクッと確認しておきましょう!

この記事を読んで、マスクの裏表を逆に装着していたがためにマスクの効果が激減・・なんてことがありませんように^^

スポンサーリンク

マスクの裏表の見分け方

マスクの裏表の見分け方で一番多いのが、マスクのひもと付け根の部分で判断する方法ではないでしょうか。

このマスクだったら、マスクのひもの付け根がついているこちらの面がマスクの内側ということになります。

では、こちらのマスクの場合も写真に写っている面がマスクの内側ってことになりますが・・

マスクが入っているパッケージを見ると、まさかの・・

そうなんです。

マスクの裏表の見分け方は、ひもの付け根で判断するものではないのです・・!

ではマスクの裏表の見分け方はどこを見るのかといえば、マスクのプリーツで判断するのが正解。

プリーツが上下に広がるタイプのマスクと、プリーツが一方向に広がるタイプのマスクの見分け方は以下のとおりです。

プリーツが上下に広がるタイプのマスク

プリーツが上下に広がるタイプのマスクは、広げたときにプリーツの中心部分がモリっと外側に出る方が外側になります。

あっこ
あっこ

もしマスクのひもの付け根で裏表を判断していたら、写真の下側のマスクは確実に間違うヤツですね・・

プリーツが一方向に広がるタイプのマスク

プリーツが一方向のみに広がるタイプのマスクは、両面を見比べたときにプリーツの山の部分が下を向く方が外側になります。

あっこ
あっこ

【プリーツの段差部分にホコリやウイルスが溜まりにくい方が外向き】と覚えておくといいですね。

スポンサーリンク

マスクの裏表を間違えると効果激減

最近のマスクは高性能のものが多く、ウイルスや花粉などを99%カットのものが主流となっています。

しかし、裏表を間違ってマスクをしている場合だと効果は激減します。

マスクを裏表にするということは、プリーツの向きが逆向きになるということだから。

ウイルスや花粉などをキャッチしプリーツの隙間に溜まりやすくなるため、マスク内へ侵入してしまう確率もグッと上がってしまいます。

またどんなに高性能なマスクでも、顔との間に隙間があるとマスクの防御性能まったく機能を果たしません。

マスクのプリーツの形状や立体構造は、裏表を正しくつけることが大前提で設計されていて、きちんとフィットさせることで初めてマスクの正しい効果を発揮します。

つまり、裏表逆に装着するだけですべてが台無しになる。

そのくらい罪深いことなんですよ・・!

株式会社環境管理センターのアスベスト対策事業部の飯田裕貴子さんの実験によると、マスクの裏表も含めて正しく装着した場合だと、ウイルスなどのマスク内への侵入が最大50%も減ったというデータがあるそうですよ。

あっこ
あっこ

どうせマスクをするなら、マスクの効果を最大限発揮できる装着方法もあわせてご紹介します♪

スポンサーリンク

マスク正しい付け方

マスクを装着する目的は、

  • 咳やくしゃみによって周りにウイルスを飛散させない
  • 空気中のウイルスや花粉を吸い込むのを防ぐ

この2点ですよね。

マスクを装着する目的を十分に果たせるマスクの正しい付け方は以下の通りです。

  1. マスクの裏表、上下を確認する
  2. ノーズフィットを半分に曲げ、プリーツを上下に広げる
  3. 鼻の付け根を抑えながらマスクのひもを耳にかける
  4. 鼻のまわりに隙間ができないよう、ノーズフィットを鼻の形に沿わせる
  5. プリーツを顎の下まで伸ばし、隙間ができないように手で抑える
  6. 深く息を吐き、空気漏れがないか最終チェックをする

マスクの付け方の最大のポイントは、いかにマスクを顔の形にフィットさせるかということ。

特に頬のあたりはマスクとの隙間ができやすいので、空気漏れがないかなど鏡でチェックしながら微調整しましょう。

正しくマスクを装着すればメガネの曇りも防げるというメリットもあるので、ちょっと面倒ですが上記の方法で丁寧にマスクをつけることをおすすめします。

それでもしっかり密着することが難しいようなら、マスクのひもを後頭部で固定する方法もあります。

長時間のマスクの装着で耳が痛くなるのも軽減することができるのでおすすめです。

また正しくマスクを装着するのと同じくらい大事なのは、意外にもマスクの外し方や捨て方なんです。

ここをミスするとマスクをつけた意味が台無しになる恐れ大です・・!

マスクの装着と同様、「基本に忠実」を徹底していきましょうね。

→マスクの外し方や捨て方で死守すべき2つのこと。もうマスクの効果を台無しにしない!

スポンサーリンク

さいごに

私や主人を含めて長らく、「マスクのひもの付け根の方が内側!」と思いこんで生きてきました。

間違いに気づくきっかけは、マスクの箱のパッケージにある「耳ひものついている面が外側です」の注意書きでした。

気づいたときの衝撃といったら・・!

インフルエンザや新型コロナウイルス、花粉が蔓延しているこのタイミングで知れたことは、あなたも私もかなりラッキーでしたね。

マスクの正しい見分け方を知れたところで、今日からより一層ウイルスや花粉などからの自衛を心がけていこうではありませんか♪

*自衛しようにもマスクのストックが残りわずかなんですけどー(泣)という方は、ぜひこちらの方法を検討してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました