洗濯マグちゃんはメンテナンス必須。10分で完全復活させるとっておきの方法。

暮らし
  • 洗濯物の臭いを抑える
  • 洗剤量が半分以下で済む
  • 洗濯機から茶色いカスが出にくくなる

洗濯マグちゃんを使い始めてから、実際に私が実感したマグちゃんの効果がコレ。

→洗たくマグちゃんの3つの効果がすごかった!使い方のちょっとしたコツも伝授します。

洗濯物と一緒に洗濯機の中にポイッと放り込むだけでこれだけの効果が得られて、それでいて繰り返し300回使えるんだから、

「経済的!環境に優しい!ストレスフリー!ひゅ~!」

以外の言葉が思い浮かびません。

もう一生手放さない!と心に誓ったのもつかの間、いつからか洗濯マグちゃんを過大評価しすぎていたのでは・・と思うようになりました。

  • あれ?洗濯物の汚れ落ちがイマイチじゃない・・?
  • おや?・・臭うぞ?

あんなに信頼していたマグちゃんの効果を疑うようになったんです・・!

実はコレ、洗濯マグちゃんからの「そろそろメンテナンスおなしゃす!!」のサインだったのです。

クエン酸をフル活用しているステキ主婦の方はクエン酸を、クエン酸なんて一度も家にあったことも無いコチラ側の主婦の方はどうぞ穀物酢を。

どちらか手に持って水回りに集合しましょ~!

あっこ
あっこ

私はもちろん穀物酢です☆

スポンサーリンク

洗濯マグちゃんのメンテナンス方法

化学式やら根拠やら原理やら正直どうでもいい話は後にして、とりあえずサクッと洗濯マグちゃんのメンテナンス方法から。

用意するものは以下の3つです。

  • 効果が薄れてきた洗濯マグちゃん
  • クエン酸orお酢
  • マグちゃんを浸せる大きさの器

洗濯マグちゃんが浸かる程度の酢水を器に張り、洗濯マグちゃんを浸します。

お酢はほんのちょろっとで大丈夫です。

10分ほどつけ置き、小さな気泡が出て酢水が濁ったら取り出します。

※つけすぎるとマグネシウムが溶けだしてしまうので要注意

水でよくよくすすいで風通しの良い場所で干したらメンテナンス完了。

これでまた洗濯マグちゃんの効果が復活しますよ~♪

あっこ
あっこ

お酢の代わりにクエン酸を使用する場合も同じで、小さじ1杯程度のクエン酸を水に溶かし、その後の工程はお酢バージョンと一緒です。

スポンサーリンク

洗濯マグちゃんがお酢で復活する理由

洗濯マグちゃんはマグネシウムと水が化学反応を起こしてアルカリイオン水に変貌し、高い洗浄力を発揮するというもの。

つまり、

【Mg(マグネシウム) + 2H2O(水)  →  Mg(OH)2  (水酸化マグネシウム)+ H2(水素)】

ってことです。

この化学反応は洗濯のたびに起こっているわけですが、ちゃんと化学反応を引き起こすのはマグネシウムが酸化していないときだけ。

つまり、マグネシウムが酸化膜で覆われてしまうと正しい反応が起こらなくなり、結果として高い洗浄力が発揮できなくなるということなんです。

酸化していないときのマグネシウムはキレイな銀色ですが、酸化してくると黒ずんでくるんですよ・・!

あっこ
あっこ

シルバーアクセサリーが酸化すると黒ずんでくるのと同じ原理です。

自作の洗濯マグちゃんだったり中身が見える状態のものを使用している方は、中身のマグネシウムが黒ずんで来たらメンテナンスの合図。

我が家と同じ、上記のタイプの洗濯マグちゃんを使用している場合には、

  • あれ?洗濯物の汚れ落ちがイマイチじゃない・・?
  • おや?・・臭うぞ?

と思ったときがメンテナンスの合図です。

お酢かクエン酸にたった10分つけるだけでマグちゃんの効果が復活するので、効果が薄れてきたと感じたらぜひ試してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました