柏餅の葉っぱの代用。サルトリイバラ使用のものには注意点があった!

季節の行事

柏餅に使われている葉っぱって、何の植物の葉っぱかご存知でしょうか?

「柏の葉っぱ以外ないだろう!」と思うかもしれませんが、そんな分かり切ったことを聞くはずありませんよ♪

しかも柏餅の葉っぱには代用品が多く使われているんです。

そこで今回は本来なら脇役扱いの柏餅の葉っぱについて、知られざる衝撃の事実ととにサクッとまとめてみました!

スポンサーリンク

柏餅の葉っぱはそもそも代用品だった

柏餅の「柏」という漢字は、本来はヒノキ科の針葉樹である「コノテガシワ」のことを指します。

コノテガシワの葉っぱがこちら。

・・ちょっとこの葉っぱだと、私たちが知っている柏餅とは違うモノができあがりそうですね。

柏餅に使われている葉っぱは、正確には「槲」という漢字のブナ科植物の葉っぱです。

「いや、これも私が知っている柏餅の葉っぱと違うんだけど・・」と思ったあなた。

これまでの人生であなたが慣れ親しんできた柏餅の葉っぱは、実は代用品だった可能性大です・・!

スポンサーリンク

柏餅の葉っぱの代用品はサルトリイバラの葉

柏餅の葉っぱの代用として、もっとも多く使われているのが「サルトリイバラ」の葉っぱです。

槲の葉に比べると丸みを帯びていて、つるんとしているのが特徴です。

サルトリイバラの葉は丸いため、2枚の葉っぱでおもちを挟むようにして使われています。

一説によると、昔から柏餅の葉っぱにはサルトリイバラが使用されてきましたが、江戸の町では入手することが困難だったため、槲の葉が使われるようになったのだとか。

西日本で販売されている柏餅は、今でも槲の葉よりもサルトリイバラの葉が使われていることが多いそうですよ。

なので柏餅の葉っぱに使われている葉は読んで字のごとく柏の木の葉っぱで、サルトリイバラの葉が柏の葉だと二重にも三重にも誤った認識をしている方が多そうですよね。

そして柏餅の葉っぱの代用は結局サルトリイバラなのか槲なのか、それとも両方なのか、そろそろ収拾がつかなくなりそうですね(笑)

スポンサーリンク

柏餅の葉っぱの代用は他にもある

柏餅の葉っぱの代用はサルトリイバラだけではありません。

風情は少し損なわれますが、ビニールで作られた人工の葉っぱでも十分に代用できます。

そもそも柏餅の葉っぱは、桜餅の葉っぱのように食べるわけではありませんよね。

じゃあなぜ柏餅には葉っぱが巻かれているのかというと、理由は2つ。

1つ目が柏餅を蒸すときに、もち同士がくっつくのを防ぐため。

あっこ
あっこ

昔は柏餅は葉っぱに包んだものを蒸してしたんですよ~

もう1つの理由は、手が汚れていても食べられるようにするため。

 

柏餅は端午の節句に食べる風習がありますよね。

端午の節句は男の子の成長を祝う日です。

やんちゃ盛りの男の子の手を想像してみてください・・決してきれいな手とは言えなくないですか?(笑)

やんちゃ盛りの男の子の不衛生な手でも、葉っぱで巻かれていることでいくらか衛生的に食べることができますよね。

つまり、柏餅の葉っぱは蒸すときにもち同士がくっつかず、なおかつ手が汚れていても食べられるという役割さえ果たせれば、少々風情が損なわれようともビニールの作りものの葉っぱでも十分代用が利くということ。

ちなみに柏餅の葉っぱで代用されているサルトリイバラは、ほとんどが輸入ものなんです。

「国産」との表記が無い限り、韓国や中国から輸入してサルトリイバラなんです。

どういう処理がなされてどのような基準の元で輸入されているのかは分かりませんが、仮に農薬たっぷりの環境で栽培されたサルトリイバラを使用しているくらいなら・・ビニールの作りものの方がいいかな~なんて個人的には思います。

あ、サルトリイバラ自体に中毒性があるとかそういうわけではないので誤解しないでくださいね。

最近では葉っぱで巻かれていない柏餅も見かけるので、輸入ものの葉っぱが不安な方はビニールもしくは葉っぱなしの柏餅を選んでもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

さいごに

柏餅に使われている葉っぱは、本来柏の木を指すヒノキ科のコノテガシワではなく、槲という漢字が使われているブナ科の葉っぱです。

そして柏餅の葉っぱの代用として広く使われているのが、サルトリイバラの葉っぱです。

そもそも柏の葉じゃないわ代用品であるサルトリイバラの葉っぱが広く使われているわで、柏餅なんて本当に名ばかりでしたという結論です。

我が家は男の子が2人いるので、今年も彼らの成長を祝いつつおいしく柏餅をいただきたいと思います♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました