都市ガスの自由化で何が変わる?ノンストレスでできるガス代節約はここにあり。 

ガス代

2017年4月より、都市ガスの自由化がスタートしました。

都市ガスを利用している世帯にとってはかなりの朗報なんですが、イマイチ盛り上がりに欠けているのが実際のところだったりします。

都市ガス自由化の恩恵を受ければ、

  • 真冬でもシャワーのみ
  • 給湯温度を低めに設定する
  • お湯張りの量はバスタブに半分以下

など、ガス代節約のための涙ぐましい努力なしで、年間のガス料金を数千円~安くすることだって可能なんです。

しかも一回切り替え手続きをおこないさえすれば、今後はずっと安いガス料金が継続されます。

「知らなかった・・!」で毎年ムダなガス料金をドブに捨て続けないために、都市ガス自由化についてサクッとおさらいしていきましょう♪

スポンサーリンク

都市ガス自由化とは

都市ガスの自由化がなされる前までは、都市ガス会社がガスの供給・販売をおこなっていました。

都市ガス事業は独占事業であり、これまでは国が認めた約200社の都市ガス会社のなかで、地域ごとに決められた1社のみが都市ガスを供給できるシステムでした。

たとえば東京ガスが管轄しているエリアだったら、東京ガスの都市ガスしか選択できなかったということです。

それが都市ガス自由化(=ガス小売全面自由化)によって、消費者が自由に都市ガス供給会社を選べるようになったのです!

スポンサーリンク

都市ガス自由化の新規参入企業

都市ガス自由化の新規参入企業は、東京電力や関西電力などの電力会社や石油系の会社、エネルギー系、プロパンガス事業者など、さまざまな業種が新規参入しています。

令和元年10月時点では、経済産業省本省では71業者、内閣府沖縄総合事務局では30業者が都市ガス事業者として登録されています。(参考:経済産業省 資源エネルギー庁

2017年4月の都市ガス自由化に合わせて新規参入した企業に加え、新たな企業が次々と都市ガス事業に参入しているため、徐々に都市ガス自由化も浸透してきていると言えそうです。

スポンサーリンク

都市ガス自由化で変わること・変わらないこと

都市ガスが自由化されることによって、今までと変わる点と変わらない点があります。

変わること

  • 都市ガス供給会社を選べる
  • 都市ガス会社変更でガス料金が変わる
  • 新しいサービスやセット割など選べるようになる

都市ガス供給会社を選べる

都市ガス自由化によって一番大きく変わるのが、都市ガス供給会社を自由に選べる点です。

たとえば東京ガスエリアにお住まいの方でも、レモンガスニチガスなど、各都市ガス供給会社のエリア内に当てはまればどの会社でも自由に選ぶことができます。

都市ガス会社変更でガス料金が変わる

都市ガス自由化によって私たち消費者にとって一番メリットとなるのが、ガス料金が安くなること。

これまで都市ガス事業は独占事業だったため価格競争はまったくおこらず、ガス会社の言い値でした。

それが都市ガス自由化によって新規参入する企業が次々現れるものだから、自然と価格競争が起こり、多くの会社がこれまでのガス単価よりも安い価格を提示しています。

実際に各公式サイトにも書かれていますが、レモンガスは5%、ニチガスは3.6%~ガス料金が東京ガスよりも安くなるとのこと。

あっこ
あっこ

一回の切り替え手続きでガス料金が毎月5%安くなるんだったら・・やらない手はありませんね♪

 

新しいサービスやセット割などを選べるようになる

都市ガス自由化によって巻き起こるのは、ガス単価による価格競争だけではありません。

ポイントの付与や定額制、電気とセット割など、各ガス会社同士があらゆる面で勝手に競争を繰り広げてくれるのです。

私たち消費者は、供給エリア内の中で一番メリットのある料金サービスを提供しているガス会社を選ぶだけで、毎月のガス料金を安くすることが可能なんです。

エネオスガスのガス料金の支払いでTポイントが貯まるポイントサービスや、業界最安値を目指しているニチガスの電気+都市ガスのセット割など、一番お得感が感じられるガス会社を自由に選択できるようになります。

変わらないこと

  • ガスの品質
  • 保安点検、緊急時の対応

ガスの品質

都市ガスはガス管を通って各家庭に供給されており、新規参入企業においてもこれまで通りのガス管を使用してガスを供給するようになります。

仮に東京ガスエリアにお住まいでニチガスに切り替えたとしても、これまでと同じく東京ガスのガス管をつかってニチガスの都市ガスが供給されるということ。

従来のガス管から供給される都市ガスであれば、これまでとガスの品質は変わりません。

保安点検、緊急時の対応

緊急性の高い保安点検や緊急時の対応については、導管を管理している一般ガス導管事業者がおこなうことになっています。

東京ガスエリアなら東京ガスが対応してくれます。

ニチガスに切り替えようとレモンガスに切り替えようと、引き続き一般ガス導管事業者は東京ガスに変わりないので、安全面・安全性においてガス会社切り替え後も変わりません。

スポンサーリンク

さいごに

都市ガス自由化による最大のデメリットは、「なんかよく分からないから今のガス会社のままでいいわ」と、何もしないことではないかと思っています。

だって都市ガス自由化の情報を正しくつかんでいる人は、さっさとガス会社切り替え手続きをおこない、何の努力もせずに毎月のガス料金を安くしているんですから・・!

この記事を読んで、

  • 都市ガスの供給会社を切り替えるだけで、毎月のガス料金を安くできる
  • 都市ガスの供給会社を変更しても安全面・安全性ともに問題なし

という情報を、「ふーん」で済ますか「っしゃ!どの会社に変更しようか!!」となるかで未来はずいぶん変わります。

どうせガス代を節約するなら、ガス会社切り替えのみで何の努力もせずに気分よくガス料金を安くしようではありませんか!

さむ~い思いを伴わなければ叶わないガス料金の節約は、去年の冬で金輪際終わりにしましょう♪

*レモンガスの都市ガスなら、東京ガスより5%ガス代が安くなります*

コメント

タイトルとURLをコピーしました