カレーのじゃがいもは冷凍できる!シャリシャリボソボソを回避するマル秘テクも。

暮らし

家でカレーを作るとついつい大量になってしまいませんか?

我が家ではその日の夜と次の日の夜の2日間食べても余ってしまうので、残りは冷凍するようにしています。

でも、カレーを冷凍したときのじゃがいもがどうもおいしくない・・!

以前はおいしくないな~と思いながら我慢して食べていましたが、今ではひと工夫加えるだけでじゃがいもを含めてとってもおいしくいただいています。

カレーのじゃがいもを冷凍するときのとっておきのひと工夫について、ぜひこのまま読み進めてくださいね♪

スポンサーリンク

カレーのじゃがいもは冷凍できる

カレーを冷凍するとき最初に思い浮かぶのが、「そもそもカレーのじゃがいもって冷凍できるの?」ってことではないでしょうか。

だってカレーをそのまま冷凍→解凍したとたん、じゃがいもだけシャリシャリボソボソ、味もおいしくなくなるんだから、じゃがいもは冷凍すると傷んでしまうのでは?なんて思ってしまいますよね。

結論としては、カレーのじゃがいもは冷凍することができます。

味・食感ともにおいしくなくなるため、冷凍には不向きな食材ではありますが、冷凍は可能です。

あっこ
あっこ

カレーのじゃがいもは冷凍するとまずくはなりますが、腐るわけではないのでご安心を。

スポンサーリンク

カレーのジャガイモが冷凍するとまずくなる理由

カレーのジャガイモが冷凍すると急においしくなくなる理由は、じゃがいもに含まれている水分にあります。

じゃがいもの食感はもさもさ・ホクホクしていますが、意外と水分が多く含まれています。

そのため冷凍するとじゃがいもの細胞の組織が破壊され、水分が抜けることによってシャリシャリボソボソした食感になってしまうのです。

これはじゃがいもだけでなくニンジンでも同じ現象起こるため、じゃがいもとニンジンをそのまま冷凍する場合には食感・味ともに劣ることは覚悟しなければなりません・・!

スポンサーリンク

カレーのじゃがいもを冷凍するときのコツ

カレーを冷凍後、おいしくいただきたいならじゃがいもとにんじんは取り除いて冷凍することをおすすめします。

取り除いたじゃがいもとにんじんは潰してカレーコロッケなどにリメイクするのもいいですね♪

「そんな面倒なことはやらないよ!!」というこちらサイドの方には、我が家でやっているカレーの冷凍保存方法がおすすめ。

まずカレーを一食分ずつジップロックなどの保存袋に入れます。

空気をしっかり抜いて保存袋を閉めたら、スプーンでじゃがいもとにんじんを潰していきます。

じゃがいもとにんじんの原型がなくなればOK。

保存袋の上から手でモミモミして冷凍しましょう。

こちらの方法ならじゃがいもとにんじんの原型がなくなるので、冷凍したとき特有のシャリシャリボソボソ感はまったくなくなりますよ♪

また保存袋に入れた状態で具材をつぶすので、スプーンなどの調理器具が汚れずに済むため洗い物も楽チンです。

あっこ
あっこ

ちなみにカレーは傷みやすいため、冷凍するときには一食分ずつ小分けにして冷凍するのが基本です。

また、最初から冷凍することを考えて、あらかじめじゃがいもやにんじんを小さめに切っておくのもおすすめです。

じゃがいもは小さすぎると煮溶けてしまうので、小さくても少しでもじゃがいもの存在を感じたい方は男爵いもよりもメークインを使用すればまだ煮崩れを防げます。

逆にじゃがいもの栄養素さえ取れればいいわ~って方なら、メークインよりも男爵いもを使用するのがおすすめ。

男爵いもなら小さめに切って煮込みの早い段階で投入すれば、カレーが完成する頃には勝手に溶けてなくなっています。

これならじゃがいもをつぶす手間を省けるので、最初から冷凍ありきならかなりおすすめの方法です。

カレーを冷凍保存したときの賞味期限は約1ヵ月と言われていますが、できるだけ早く食べきるようにしましょう。

スポンサーリンク

さいごに

カレーのじゃがいもは冷凍できますが、ゴロっとしたじゃがいもは冷凍には不向きです。

冷凍することによって水分が奪われ、味・食感ともにおいしくなくなるからです。

冷凍したカレーを少しでもおいしくいただきたいなら、じゃがいもやにんじんはすりつぶして冷凍しておくといくらかおいしく食べられるのでおすすめです。

自宅でカレーを作るとどうしても1日では食べきれないので、ぜひひと工夫加えて冷凍したカレーもおいしくいただきたいですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました